今年は春の彼岸を前に農作業の前倒し。3月1日にジャガイモの種を蒔き、2日には人参の種も蒔いた。晩霜の心配は有るけれどチョット手がすいたので早めに蒔きました。
今畑には冬の野菜がまだまだ、たくさん残っています。大根・ほうれん草・白菜・冬キャベツ・レタスなどなど。特にレタスは大豊作です。昨年10月に植付けたレタスの苗が100%大きな大きなレタスに育ちました。 お蔭でお店は大助かり。昨年8月後半からの天候不順により野菜の値段が高騰しましたが、お店では自家菜園での収穫が多かった為に大変助かりました。3月7日今季最後のレタスの種を蒔きました。2月10日に蒔いたレタスがそろいも良く発芽し今月中には畑に植付け出来そうです・・・。
サーいよいよ春・夏野菜の植付けや種まきに追われる1ヶ月になります。チョット待って。かと言って本業のとんかつ屋を疎かになどしていませんからご安心を。野良仕事はあくまで趣味と実益を兼ねているだけです。
さて4月に又新しいビニールハウスが完成します。大きさは前のハウスとほぼ同じ大きさになります。1年を通してパセリを作って見たいと思い作りました。
AМ7:50本日の作業を終える。3月とはいえ板倉の畑はまだまだ寒いです。早朝氷が貼ることもしばしばです。早々家に帰って、ひとっぷろ浴びて本業のとんかつ屋の、おやじに戻ります。━ではまた━
AM5:30、外はまだ暗い。軽トラのライトを点けて、いざ板倉の畑へ。
5:40分に畑へ到着、軽トラのライトを頼りに作業に入る・・・。

冬至も過ぎ、日の出がゆっくりではあるが早くなる。
朝日が東の空から雲をかき分けグイグイと昇り、柔らかな陽射しが凍った畑一面を覆う。
やがて野菜の葉に付いた霜が一斉に溶け出し、しずくが大地を濡らす・・・。
重い鎧を落とした野菜達は一斉に葉を振り、朝日を浴びて何とも嬉しそうだ。
この時期の早朝にしか見られない光景です。
  早いもので、もうすぐ1年の締めくくり。
野菜を育てくれた大地に、そして太陽に水に日々感謝です。

今、畑には名残の秋野菜と冬の野菜が畑を埋め尽くす状態。
旬の白菜、長ネギ、大根、1000個のキャベツ、そして1500個のレタス。
2ヶ所のハウスに植え付たレタスは、
1・2・3月まで収穫出来、これは全てお店の食材となります。
朝採りたての野菜をそのままお客様に食べて頂けることほど嬉しいことは有りません。
毎日早朝から畑に通う店主です。
いつになったら晴れるのやら、毎日毎日雨ばかり。
畑はいつもブヨブヨ、早く秋・冬の野菜の種を蒔きたいのに、なかなか思うようにいきません。雨が止んだ少しの間に何とか種まきが終わり、今畑にはキャベツ・ブロッコリー・大根・人参など約10種類、秋、冬の野菜と胡瓜・ナス・ピーマンなど夏の野菜がたわわに実をつけています。
ハウス内に8月25日に植付けた胡瓜は早くも最盛期を迎え1日40本の収穫、お店のパートさんも大助かりです。先日胡瓜作りの名人今村さんがハウス内の胡瓜を見て、上出来と言ってくれたので安心(^^)/毎日水やり、芽欠きと収穫に追われています。
今年初めて作ったものがあります。見て下さい見事なパパイヤ、食べ方は・・・良く分かりません。青々と葉が茂り、まるで南国気分。太陽がサンサンと照り付ければ葉陰で一休みと言えますが、今では雨宿りです。畑はまだまだ雑草との戦いです。雨が降っても雑草は伸び伸びです。一日も早い天気の回復を願う今日この頃です・・・・。
ところで今年は何度もトウモロコシを作りましたが、毎回狸とハクビシンの攻撃に合い満足な収穫が出来ませんでした。狸とハクビシンにとっては最高の夏だったと思います。
今日はチョット早いけどAM8:00作業を終わる。AM10:30よりJAにて蓄魂祭に出席の為・・・。
久しぶりの報告に畑も店主もビックリ、約4ヶ月のブランクになります。
この間にも畑には毎日通い、ハウス内のトマトと胡瓜の手入れ、6月からの収穫に追われました。特にハウス内のトマトは近年まれにない出来栄えで、毎日50個ほどの収穫に頬が緩みぱなし、胡瓜も大豊作です・・・。 指導して下さった小川さんには感謝です。露地の野菜と言うと大根・人参・玉葱・ジャガイモ・インゲン・ナス・ピーマンなどなど多種にわたり大豊作でした。店の食材に大きく貢献しています。パートさんも毎日新鮮な野菜が頂けると大変喜んでいます。
今畑には3回目のトウモロコシ、2回目の枝豆、スイカ、かぼちゃ、サツマイモ、ナス、ピーマンなど夏野菜が、たわわに実っています。ミニトマトも実に美味です。先日最終のトウモロコシを蒔きました。収穫は9月の予定、長ネギももうすぐ収穫開始旨いトン汁の具に冬ネギも順調です。
今日は夏ネギの土寄せ。新しい耕運機の初出動でした。ビックリする位、土が上がり大満足でした・・・。今年は何回もトウモロコシを作ることになったのは実は1回2回目のトウモロコシは、ほとんど狸かハクビシンに食べられてしまいました。始めカラスのいたずらかと思いましたが、実は狸とは。カラスならまだしも狸では防ぎようがありません。
本日の作業を終わる。
春の彼岸も過ぎ、いよいよ春・夏の種まき苗の植付けと1年で一番忙しい季節。早朝5:30分より畑仕事に追われる。今畑には春白菜・人参・大根・赤キャベツ・ブロッコリー・レタスなど12種類の野菜の苗が春の陽ざしを浴びてスクスクと育つ。今日はビニールハウス内にトマト・胡瓜の植付けうねを作る。うねにタップリ水をまき、黒マルチで覆い土温を上げる。植付けるのは4月20日頃の予定、3月9日に種を蒔いたツル無インゲンの苗を畑に植付ける。今日は店が定休日なのでゆっくり畑の野菜と会話が出来る。毎日朝2時間は私にとって心地よい1日の始まりです。そんな心地よい時間をガックリさせる出来事が起きてしまつた。3月9日畑に黒マルチを張り大根の種を蒔いたのだが、思いもよらない低温のため、種が一向に発芽しない。蒔き穴を見ると種がない。きっと寒さと長雨で溶けてしまったようだ。また種の蒔き直し。仕事がひとつ増えた。実は2月に日々の畑仕事を少しでも楽しようと新しい耕運機を買いました。ジャガイモや里芋・ネギなどの土寄せが大変なので土寄せ専用機を新車で買いました。これで少しは楽が出来るかと楽しみにしています。今日は私の宝物と言える機械をお披露目します。古い機械もありますが皆働き者です。私も還暦をとーに過ぎた古い人間ですが共に大事にゆっくり使用したいと思います。